利尿剤の市販について

ラシックス 市販

利尿剤を市販で買う時の注意点とラシックス錠との違い

利尿剤(利尿薬)とは体内の尿量を増やして体内の余分な水分を外に出すことを目的にされたお薬です。一般的に病院などで処方される利尿剤にはラシックス錠、ダイアート錠、ルプラック錠、アルダクトンA錠などがあり、なかでもループ利尿薬(ドイツ人医師のヤーコプ・ヘンレが発見した肝臓の機能)と言われるフロセミド系の利尿剤、ラシックス錠は即効性があり効果が強いわりには体への負担(肝機能)が少ないことからよく使われる利尿薬です。利尿剤は基本的には医薬品ですが、最近ではサプリメントとして市販の利尿剤も多く販売されていてスギ薬局や全国チェーンのドラッグストアでも気軽に購入することが出来ます。今回は市販されている利尿剤について少し詳しくご紹介したいと思います。

医薬品のラシックス錠についてはこちら

利尿剤を市販で買う人が増えている

ラシックス錠をはじめ、利尿剤(利尿薬)は医薬品として認知されてきました。確かに処方される利尿剤は即効性があり効果も強いため、すぐに利尿作用を求めている人には好都合ですが、その代わりに副作用や持病などで服用できないこともあり「医薬品の利尿剤まで使いたくないな」と思っている人も多くいるのも事実です。市販されている利尿剤は医薬品とは違いサプリメントとして販売されている商品が多く、成分も天然成分を使った商品が多いことから手軽に変えて体への負担も少ない市販の利尿剤が浮腫みとりとして人気を集めています。

利尿剤を市販で買うときの基礎知識

市販されている利尿剤には大きくわけて二つあります。一つはサプリメントとして市販されている利尿剤と、もう一つは医薬品として市販されている利尿剤です。前者のサプリメントとして市販されている利尿剤は天然成分を元に作られているので服用するにあたってそこまでの条件はありません。しかし、医薬品として市販されている利尿剤には副作用があり、また服用するにあたって条件もあります。市販で買える手軽さから「医薬品の方が効き目がよい」と思って購入する人もいますが、その場合には薬剤師への相談、持病がある方は医師への相談をしてから購入することをお勧めします。また、市販されている利尿剤を購入するのであれば市販されていない利尿剤であるらしっくす錠などを購入することをお勧めします。

利尿剤を市販で買う

市販されている利尿剤はスギ薬局やダイコクドラッグなどの全国の薬局やドラッグストアにあります。(取り扱いのない店舗もあります)CMでもお馴染みのアンチタックスや武田製薬のルビーナめぐみなど、浮腫みの種類や症状に合わせた商品がたくさんあります。サプリメントして市販されている利尿剤ですが、服用にあたっては薬剤師に相談する方が適格な利尿剤を選ぶことが出来ますので、薬局やドラッグストアにいる薬剤師さんに症状などを相談して自分にあった利尿剤を選びましょう。

利尿剤を市販で買うなら症状を把握

市販されている利尿剤(利尿薬)は薬局などにあり、購入も手軽で自分に合ったものを選べるので「最近少し浮腫みが気になるな…」と思っている人にはお勧めできる利尿剤です。しかし購入する際は薬局などにいる薬剤師さんへ相談をして自分に合った利尿剤を買うことを強くお勧めします。その際には自分の浮腫みの症状をしっかりと把握していないと、薬剤師さんにも相談が出来ないので、今自分がどのような浮腫みで悩んでいるのかを事前に確認して把握することが大切です。軽い浮腫みであれば利尿剤を使わなくても改善できることも多く、また症状の重いものであれば市販の利尿剤では改善が難しいものもあります。いつから、どのような浮腫みで、どのようにつらいのか。その程度でもいいので把握しておきましょう。

あなたにオススメの人気記事

よろしければ評価・レビューをお願いします!
最低最悪ダメだね普通まあまあ良いね最高です!
(19 投票, 評価平均値: 4.84)
Loading...
5段階評価になります。

« »

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。