高血圧の原因を解説!10個の原因を知って血圧正常化!!

高血圧の原因を解説!10個の原因を知って血圧正常化!!

高血圧の原因

あなたの血圧は正常ですか??

高血圧に悩まされていませんか?

高血圧の原因を知る事で血圧は思ったよりも簡単に正常化する事が出来ます。

その原因とされるのが10個の原因です。

知らず知らずのうちに高血圧になってしまっている原因はこちら

  • 塩分の多い食事
  • 遺伝
  • 糖尿病や腎臓病の合併症
  • ホルモン異常
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 疲労
  • いびき
  • 毎日の飲酒
  • 毎日の喫煙

こちらの原因に思い当たるものはありましたか?

高血圧の原因とされる10個のをあげてみましたが、1つ1つ改善する事が高血圧改善の近道といえます。


塩分の多い食事

日本人の食事は塩分摂取量が多いといわれています。調味料だけみてもかなり塩分濃度が高いものが多いですよねしょうゆ、みそ、つゆ…身近なものをあげていけばきりがないぐらいです。

毎食適量にしていればいいのですが、大半の日本人は塩分摂取量が適量をオーバーしている事が国の資料で明らかになっています。

世界保健機関(WHO)は、世界中の人の食塩摂取目標を1日5グラムといわれていますが、日本人は2016年のデータで1日の平均摂取量が男性11.0グラム・女性9.2グラムとなっています。

世界基準の摂取目標の倍近くを毎日摂取しているんですね。塩分を摂取するとその分水分を体が欲するようになり、また塩分が体内に余分な水分を溜めこもうとします。

その為、血流が増えて高血圧の原因となります。

遺伝

遺伝が原因と言われると仕方のない事ですが、事実遺伝的な要因で高血圧になります。30%の確率で遺伝します。両親共に高血圧の場合遺伝確率は50%にもなります。

遺伝的な因子をもっているという事で、改善は可能です。生活習慣を気を付けていれば高血圧を防ぐ事が出来ます。

腎臓病や糖尿病の合併症とホルモン異常

高血圧と腎臓病と糖尿病は切っても切れない関係となっており、どれかを発症すると他の2つも合併症として発症します。トライアングル関係といわれる程です。

どれかが重症化するとその他の症状も悪化してしまいます。糖尿病や腎臓病の方の血圧目標値は130/80となっています。ホルモン異常に関しては女性の方が要注意です。

生理中はホルモンバランスが崩れやすく、生理中に血圧が高くなってしまうという症状もあります。ホルモンバランスを整える事で改善する事が可能ですので、一度生理中の血圧を測って自身の血圧状態を知っておく必要があります。

睡眠不足やストレスと疲労

睡眠不足とストレスと疲労…この3つは高血圧と非常に因果関係が深いといわれています。様々な病気の原因ともなるこの3つはほんの少しの生活環境の改善で解消する事が出来ます。

睡眠不足を解消する事によってストレスと疲労も軽減する事が可能ですから、積極的に睡眠の時間、もしくは質を高める事を意識しましょう。

いびき

睡眠不足に関連しているところもあるのですが、いびきは高血圧の原因になります。睡眠時無呼吸症候群の方やいびきをかいてしまっている方は睡眠時の酸素吸入がうまくいっていない場合が多く血中の酸素濃度が低下し、高血圧の原因となってしまいます。

毎日の飲酒

毎日の飲酒も高血圧の原因となります。「酒は百薬の長」ということわざがありますが、事高血圧に関しては少量でも大敵です。高血圧は少量飲酒でもリスクが高まる事は最近の研究ではっきりと証明されています。少量飲酒でも飲酒量に比例してリスクが高まるので注意が必要です。

毎日の喫煙

喫煙は明らかに血圧を上昇させます。血圧にとって百害あって一利なしというものです。タバコを吸うとニコチンが副腎を刺激して血圧を上げるホルモンを分泌します。交感神経も興奮状態となる為、血圧は上昇してしまうんです。

最近流行のアイコスは血圧上昇しない、タバコから切り替えたら血圧が下がったという方もいますが、紙巻タバコよりはマシというだけでニコチンが含まれていますから、アイコスだろうと間違いなく血圧は上昇します。

高血圧の方は禁煙をお勧めします。


まとめ

いかがでしたでしょうか高血圧の原因といわれている10個の原因。思い当たる方は改善をしていきましょう。既に高血圧になってしまっている方は放置するよりは一時的でも薬を服用して血圧を下げるのもいいと思います。

ラシックスという高血圧の薬が即効性がありオススメです。高血圧を改善して健康ライフを過ごしましょう!

医薬品個人輸入はつるかめ薬局

CTA-IMAGE 私が利用している個人輸入サイトはこちら。興味を持ったら是非覗いてみてください、結構簡単に利用出来ます。大体10日で届き今まで頼んだものに偽物はなかったので継続利用中。

高血圧カテゴリの最新記事