ラシックスの副作用は怖い!?徹底解説!

ラシックスとは

ラシックスの副作用を徹底解説していきます!

ラシックスの副作用を解説!

ラシックスという利尿剤は優れた利尿剤です。

血圧を下げる事が出来て、ループ利尿剤と呼ばれるグループの為即効性があり非常に効果も高い。

ですが、ネットで検索をするとすぐに「副作用」という単語と結びつきます。

確かに効果の高い薬は副作用が心配になりますよね。

そこでここではラシックスのその副作用について解説していこうと思います。

ラシックスの副作用の詳細!

ラシックスの副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 多尿になる
  • 口の渇きがある
  • 倦怠感がある
  • 脱力感がある
  • 眩暈(めまいI)がする
  • 知覚異常がみられる
  • 吐き気がする
  • 嘔吐する
  • 頭痛がする
  • 代謝異常がみられる
  • 食欲不振になる
  • 下痢する
  • 味覚異常がある

このような症状があるとされています。

しかしながらラシックスは比較的副作用が出にくい薬とされていますので、あまり過度の心配は不要です。

上記の症状が発現し、長く続くようなら服用をやめすぐに病院へ受診するようにしてください。

またラシックスは尿と一緒にナトリウムとカリウムを排出しています。

その為、電解質のバランスを崩しやすく「低カリウム血症」になってしまう事があります。

副作用とは違いますが低カリウム血症の症状も抑えておく必要があります。

  • 軽度 軽度の高血圧、不整脈、動悸、だるい、多尿、口渇、不安、イライラ、抑うつ、睡眠障害、乾燥肌
  • 中度 筋力低下、筋肉痛、発熱、吐き気、嘔吐、便秘、痙攣、しびれ、頭痛
  • 重度 麻痺、自律神経失調、めまい、呼吸筋麻痺、麻痺性腸閉塞

ラシックスを服用することによってカリウムを体外に排出しすぎて上記症状となる場合があります。

ひどい喉の渇き、不整脈、動悸、倦怠感、イライラといった症状が顕著に表れます。

ラシックスは適量を守って服用する事によって効果を発揮します。

適量以上を服用してもダイエット効果が増す事などはなく、逆に健康被害を生じてしまいます。

ラシックスを服用している間は積極的にカリウムを食事から摂取していく必要があるといえるでしょう。

カリウムを積極的に摂取する事によって低カリウム血症にならずにラシックスの恩恵を受ける事が出来ます。

ラシックスを飲んでむくみをとる場合はしっかりとカリウムを摂取する事を心がけましょう!

よろしければ評価・レビューをお願いします!
最低最悪ダメだね普通まあまあ良いね最高です!
(2 投票, 評価平均値: 5.00)
Loading...
5段階評価になります。

« »

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。