妊娠中のむくみ対策はどうしたらいい?原因と対策!

むくみダイエット対策

妊娠中のむくみ対策は?原因と対策を解説します!

妊娠中のむくみについて

妊娠中は大事な赤ちゃんが元気に育つようにママの体にはさまざまな変化がおきます。

妊娠していない最中では経験したことのないような体の変化に戸惑う事も。

その中に妊娠中のむくみがあります。

今までむくみなんて経験した事のない方もあまりのむくみ具合にびっくりしてしまうでしょう。

赤ちゃんを守る為…でもあまりにつらいむくみは逆効果の時もあるんですよ。

そもそもなんで体重が増えたり体がむくんだりするの?

妊娠中にむくみが出る原因は、妊娠3ヵ月頃からママの血液の中で水分だけが増えはじめるからです。水分は、お腹の赤ちゃんの栄養や、赤ちゃんを守るための羊水量を増やすことに必要になります。血液の中で増加した水分が体内にたまるため、むくみが出るようになるのです。

また体重の増加が起こる原因は、お腹の赤ちゃんの成長や、赤ちゃんを守るための組織が大きくなるためです。その結果妊娠後期には、平均で約8~10kgが必然的に増加します。その内訳は以下の通りです。
・赤ちゃん…約3kg
・子宮…約1.5kg
・羊水…約0.5kg
・胎盤…約0.5kg
・血液中の水分…約2~3kg

上記に加えて、赤ちゃんの体重・身長の増加作用がある「ヒト胎盤性ラクトゲン」というホルモンが胎盤から分泌されることにより、ママの体内には脂肪がつきやすくなります。脂肪分として約2~3kgの体重増加がみられるといわれており、このホルモンは妊娠中期(妊娠4~6ヵ月)に最も多く分泌されます。

引用:妊娠中に起こりやすい体のむくみ。どんなことに気をつけたらいい?(コドモライフ)

妊娠中のむくみ対策には

妊娠中のむくみ対策には薬とかはなるべくつかいたくないですよね。

基本的には食生活の見直しや、軽い運動が推奨とされています。

良質なたんぱく質を多く含む和食中心の食事がオススメで、根菜類で食物繊維をとり、煮魚でたんぱく質を、白米で適量の糖質を摂取というような献立が理想的でしょう。

運動に関しては体に負担がない事が前提です。

高負荷のトレーニングはもっての他で、スイミングウォーキングやヨガなど体に負担をかけずに無理のない程度な運動をしてみるとストレスも解消となり、むくみもすっきり改善します。

心身ともにリラックス出来て赤ちゃんもきっと喜んでくれますよ。

妊娠中の体重増加やむくみはある程度は仕方のない事、無理なダイエットは厳禁です。

ですが、軽い運動をすることによってリラックス効果やストレスの発散、むくみの解消という効果もありますので、安定期に入るころからは心拍数が120程度までのお腹に力を入れない程度の運動をして、お腹の赤ちゃんと楽しく過ごしてみてくださいね。

よろしければ評価・レビューをお願いします!
最低最悪ダメだね普通まあまあ良いね最高です!
(1 投票, 評価平均値: 5.00)
Loading...
5段階評価になります。

« »

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。