パンパンにむくんだ脚は夜寝る前に「鋤のポーズ」で解消!

むくみダイエット対策

寝る前の鋤のポーズでむくみ改善!

ヒールを1日はいて疲れてしまった日なんかには脚がパンパンにむくんでしまったりしますよね。

その他にも1日中冷房のある部屋にいたり、塩分をとりすぎてしまたったり、アルコールを飲みすぎてしまったり…

そんな日には痛いぐらいのむくみがくる事は女性なら経験がある事だと思います。

そんな日の夜にちょっとしたポーズをとる事によってむくみをすっきり解消して翌日に持ち込まないように出来ます。

そのポーズを紹介していきます!

「鋤のポーズ」で脚のむくみ解消

脚のむくみ解消に役立つ「鋤(すき)のポーズ」
鋤のポーズとは、足が頭よりも上にくる“逆転のポーズ”の一つ。その名の通り、ポーズを取ると、地面を掘り起こすときに使用される農具である鋤に似たシルエットになります。
仰向けになって脚を持ち上げ、頭のほうに曲げるので、脚のむくみ解消に◎。また、首から背中にかけて伸びるので、凝りを改善する効果も期待できます。

「鋤のポーズ」のプロセス
鋤のポーズは、逆転のポーズのなかでも比較的、難易度の低いポーズです。とはいえ、しっかりと安定したところで行わないと危険なので、ヨガマットやストレッチマットなど滑らない場所の上でポーズを取ってください。
(1)床に仰向けになり、腕は体の横。手のひらを床につける
(2)両脚を天井に向けて伸ばしたら、両手で腰を支え、お尻と腰を床から持ち上げる
(3)両脚を頭のほうへ倒していく。つま先を頭の先の床につける
(4)両手を組み、肩に体重を乗せたら鼻呼吸を5回繰り返す
(5)ゆっくりと背中、腰、お尻、脚を床につけ、仰向けの姿勢に戻る

「鋤のポーズ」を安全に取るために
最後は、ポーズを取るときの注意点です。
(1)背中や腰に痛みがある場合は行わない
(2)逆転のポーズなので、食後すぐに行うと気分が悪くなる恐れがある。食事から2時間は時間をおいて行う
(3)ポーズの完成が難しい方は、上のプロセス(3)でキープする
(4)座骨を引き上げるようにお尻を高くする
(5)ポーズに入ったら、体重がかかっている首や肩をあまり動かさないようにする

引用:足首どこいった!? パンパンむくみ脚は寝る前の「鋤のポーズ」で解消(アメーバニュース)

鋤のポーズは難易度が高いと思う方は家族の方に補助して貰ってください。

一人だとしても壁なんかを有効活用すれば意外と簡単に出来ます!

ただ首を痛めないようにだけ注意してくださいね!

よろしければ評価・レビューをお願いします!
最低最悪ダメだね普通まあまあ良いね最高です!
(1 投票, 評価平均値: 5.00)
Loading...
5段階評価になります。

« »

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。