ラシックスの気になる効果と副作用をわかりやすくまとめてみた!

ラシックス 効果

ラシックスの副作用とは?

ラシックスの副作用は?

ラシックスは便利な利尿剤ですが、もちろん「薬」である以上副作用はあります。
便利な薬なので副作用のポイントもしっかり抑えてつきあえるように抑えていきたいと思います。

・めまい
・ふらつき
・倦怠感
・脱力感

大きなものとしてはこちらの副作用があげられます。
ラシックスの主成分はフロセミドとい成分でループ利尿薬という種類に分類されます。
腎臓の尿細管が丸くカーブしている部分に作用することからこう呼ばれています。
利尿剤としては最も効果が強いグループとなっています。

高齢者の方は副作用が現れやすいので、服用する際は服用量に注意して服用するようにしてください。
ラシックスは利尿作用がありますが、もともとは血圧を下げる為に用いられる薬です。

その為、過剰に飲みすぎた場合低血圧状態になってしまいます。

酷い脱力状態やめまいを引き起こします。血液中のカリウムやナトリウム等の電解質が欠乏する電解質失調となる場合が多くあります。

そのほかにまれに尿酸値が上昇したり、一時的に耳が聞こえにくくなる等の症状も報告されています。
服用中に異変を感じた場合はすぐに使用を中止して、かかりつけの医師、または薬剤師に相談するようにしてください。

・利尿剤(ラシックス)との禁忌薬
下記に該当する方は服用しないでください

1.無尿を患っている方
※本剤の効果を得る事が出来ないので禁忌となっています。

2.肝性昏睡(かんせいこんすい)を患っている方
※なんらかの理由で低カリウム血症なっている方は悪化する恐れがあります。

3.体液中のナトリウム、カリウム明らかに減少している方
※体内の電解質が少ない状態だと電解質失調を起こす恐れがあります。

4.スルホンアミド誘導体過敏症の方
※ラシックスやダイアモックス、セレコックス、アベマイドなど、スルホルアミド誘導体を持っている医薬品に過敏症な方はラシックスの服用は出来ません。

よろしければ評価・レビューをお願いします!
最低最悪ダメだね普通まあまあ良いね最高です!
(2 投票, 評価平均値: 4.50)
Loading...
5段階評価になります。

« »

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。