ラシックスの作用はどう?効果は?徹底解説!

ラシックス 効果

ラシックスを作用は?細かく解説していきます!

ラシックスの作用をしりたい

ラシックスの作用をしりたいという方は多いと思います。
細かく作用のみを特集してみていきましょう。

ラシックスは「むくみ」の原因である血圧を下げて、浮腫や高血圧症の改善を期待出来る薬です。また心不全の治療にも利用されます。

≪作用≫
【働き】
心臓や腎臓や肝臓の働きが悪くなると体に水分がたまるようになってしまいます。この体に水分がたまった状態というのをむくんでいる状態といいます。
心不全の場合は肺に水がたまってしまい呼吸を阻害する原因になります。

強力な利尿剤となっていて、腎臓に作用し尿量を増加し体にたまった余分な水分を排出させます。
余計な水分が体外に排出されると血圧がさがるのです。その作用で同時に心臓の負担も軽減される為、体が楽に感じる事が出来ます。

浮腫(ふしゅ)の治療に一般的に利用されますが、心臓病や腎臓病、肝臓病に伴うもの、生理前のむくみの治療にもポピュラーに利用されています。

【薬理】
ラシックスの作用は尿の量を増加させます。腎臓の尿細管での塩分と水分の再吸収を抑える事によって、血液の無駄な水分が減り、血管壁のナトリウムが減少する事によって血圧が下がります。
≪特徴≫
ループ利尿薬に分類され、その代表的な薬です。ループという名前の由来は、尿細管がループ状に曲がっている部分(ヘンレ係蹄上行脚髄質部)に作用することによります。この系統は、もっとも作用の強い利尿薬です。
≪注意≫
【診察で】
持病やアレルギーは必ず医師に伝えてください。
服用してる薬がある場合も必ず医師に伝えてください。

【注意する人】
腎臓病を患っている方や肝臓病を患っている人は糖尿病や通風を悪化させる恐れがあります。高齢の方は副作用が出やすいという報告も多いので少量から服用するようにしていきます。

≪適さないケース≫
無尿、肝性昏睡、体液中のナトリウム・カリウムが明らかに減少している人など。

≪注意が必要なケース≫
重い冠硬化症・脳動脈硬化症、重い肝臓病、重い腎臓病、痛風、糖尿病、全身性エリテマトーデス、減塩療法中の人、高齢の人など。

【飲み合わせ・食べ合わせ】
飲み合わせに関しては注意するべき薬がたくさんあります。副作用が出やすくなる可能性もあるので、服用している薬は市販薬も含め全て医師へ報告しましょう。

  • 他の降圧薬と併用する時は用量に注意して血圧には注意を払うようにしましょう。
  • 抗生物質の組織内濃度が上昇する為、副作用が強く出る恐れがあります。アミノグリコシド系による聴覚障害、セファロスポリン系抗生物質の腎毒性には注意を払うようにしてください。
  • 心臓の薬のジギタリス薬と併用する場合は、ジギタリス中毒に注意しなければなりません。
  • 気分安定剤のリチウムと併用する場合はリチウム中毒の発言に注意しなければなりません。
  • 血糖降下薬のSU薬やインスリン注射薬の作用が弱まる可能性があります。
  • 糖尿病治療薬であるSGLT2阻害薬(スーグラ、ルセフィ、フォシーガ、アプルウェイ、デベルザ、カナグル)と併用する事によって利尿作用が通常よりもかなり強く出る恐れがあります。メトロホルミンと併用する場合は乳酸アシドーシスの副作用にも注意しましょう。
  • ステロイド薬やグリチルリチン製剤、一部の漢方薬とは飲み合わせが悪く低カリウム血症となる恐れがあります。
  • 鎮痛薬との併用によって、ラシックスの利尿作用が弱まる恐れがあります。
  • 飲酒は控えてください。副作用が出やすくなります。

【使用にあたり】
用法用量を守りきめられた飲み方で飲むようにしてください。
6時間程強い利尿作用が発言します、その為発言時間中はすぐにトイレに行けるように予定を調整してください。

【検査】

血液検査を定期的に受け、カリウム、ナトリウム、尿酸値などが正常値かどうをみる必要があります。

【食生活】

  • 利尿剤ですから非常に尿量が増えます。トイレにすぐ行けるようにしておきましょう。
  • 尿量が増える事によって血圧が急激に下がりめまいを起こす事があります。車の運転をふくめ危険をともなう機械の操作、高所作業のさいは十分に注意してください。
  • フルーツ類や野菜を積極的に摂取して不足するカリウムを補いましょう。
  • 生活習慣の見直しによっても高血圧を改善させる事が可能です。減塩等の食事療法から運動による肥満の解消等、積極的に自身からも改善を行っていく事が必要です。

≪効能≫
【一般製剤】
高血圧症(本態性、腎性等)、悪性高血圧
心性浮腫(うっ血性心不全)、腎性浮腫、肝性浮腫、末梢血管障害による浮腫
月経前緊張症
尿路結石排出促進

【持効製剤(オイテンシン)】
本態性高血圧症

【応用】
医師の判断で別の病気に応用されるかもしれません(メニエール病など)。

≪用法≫
【一般】
成人の場合フロセミドとして1日1回40~80mgを連日又は隔日経口投与。年齢・症状により適宜増減。

【持効製剤(オイテンシン)】
通常、成人1回1カプセル、1日1~2回(フロセミドとして40~80mg)を経口投与。年齢・症状により適宜増減。

≪副作用≫
フロセミドは効果の強い薬となります。その為、薬の効果が効きすぎると血圧下がりすぎてしまい脱力感やめまい等の副作用に見舞われます。
高齢の方や他の降圧薬を飲まれている方は特に注意が必要です。
ナトリウムやカリウムも尿と一緒に排出しますのでミネラルが欠乏状態(電解質失調)となる恐れもあります。
だるい力が入らない、のどが渇く、めまい等の症状が現れた場合は服用を中止し、病院に受診される事をオススメします。

【副作用】
だるい、脱力感、めまい、ふらつき
低カリウム血症(だるい、筋力低下、動悸、便秘)
低ナトリウム血症(だるい、のどが渇く、意識もうろう)
尿酸値の上昇
吐き気、頭痛、耳鳴り、聞こえにくい

よろしければ評価・レビューをお願いします!
最低最悪ダメだね普通まあまあ良いね最高です!
(3 投票, 評価平均値: 5.00)
Loading...
5段階評価になります。

« »

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。